FC2ブログ

プロフィール

dragon_x

Author:dragon_x
魅惑の彼女,不倫相手の熟女の魅力を紹介します
いろいろ コメントや拍手をお願いします
彼女のオコメをとぐ手付きは
あそこを弄っているのに似て,
いやらしい。。


かわいい彼女の写真アルバム
貯めるだけなのは もったいないから 少しずつ、お見せします。 見られていると彼女も燃えます。 「拍手」で応援、よろしくね!


最近の記事


お気に入りアイテム


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドライビングのおいた

運転中のあきなに オイタを続けていて,あきなは快感のあまり運転を続けるのができないと言い出した。
そこで,運転を代わり,助手席に座らせた。

不倫

助手席でスカートのすそを整えようとするあきなに,自ら スカートを捲るように指示した。

「周りから見えちゃうよ」

あきなは周囲の目,とくに時折 隣の車線を通り過ぎる観光バスからの視線を気にした。



もっとしっかり捲りなさい。

しぶしぶあきなはスカートのすそを上げていった。

命じられて 自分でスカートを捲くり上げる行為自身に感じてしまっているようである。

「さあ,自分でこすってごらん」

私は運転で前方を凝視し,あきなに無視を装いながら命じた。


熟女のドライブ

少しの間はこんな状態で運転させます。

恋愛

股間のクリを刺激すると顔を曇らせて股間の指をぎゅーっと締め付ける。
同時にあきなの顔が だんだん 熱くなってくる。

不倫2

締め付けられた指の動きを止めると,両足の力が抜け,指に自由が戻り,両足が少し開く。
それと同時に クリへの刺激で 人妻の淫乱な匂いが発せられる。


不倫3

ドライブの楽しみ

ドライブの楽しみの一つが彼女に運転させて横でオイタをすること。

ドライブ 熟女

 通常の運転は私がするが,時々あきなに運転をさせる。
そんな時,スカートのすそをそっとめくってみる。

パンティ ドライブ

スカートをめくる前に,あきなの股間に指を這わせて,クリを刺激する。
あきなはすぐに濡れてくる。

「だめだよ,事故を起すよ」
といいながら,押し寄せる快感に耐えている。

私は じっくり湿ったクリを確認した後,スカートをめくる。

淫靡な匂いが車の中に漂う。

「もっと,こすって」

蚊の鳴くような声で あきなは 訴える。

快楽への道

このようにパンティの横からあきなのクリを責めます。

ドンドン濡れてきます。



パンティのクロッチ部分もぐっしょりです。

快感に酔い,堪らなくなったあきなは,私の股間をまさぐります。

024のコピー


そして しっかりと雁首を確認し,パクっと 咥えます。
咥えたものを上下に擦り,のどの置くまでその感触を楽しみます。

最近のあきなはフェラが上手になってきました。

初めての頃は咥えるのも好きじゃなかったみたいだったけど,

私がペニスを咥えるのを命じ,したがっているうちにドンドン上手になってきました。

ペニスを咥え,フェラをしつつ,あきなのあそこはドンドン濡れていきます。

オナニー

男は妻には母性を求め,愛人には淫性を求める。

私はあきなが自分でオナニーをするのを見るのも好きだ。

021のコピー

自分でクリを擦りながら ドンドン 深みに入る。
あきなはクリを擦るのもいいようだが,ヴァギナの入り口をに指の出し入れをするのもいいようだ。
初めは慎み深く,押さえ気味の鼻息が 徐々に大きな泣き声になる変化も 私を興奮させる。

019のコピー

ドライブにいってきました

ドライブに行ってきました

熟女の足

あきなと会うときは必ずスカート。

そして,自然にあきなはガーターをしてきます。

そしてそのままホテルへ直交!

ガーター


このほうが,パンティの横からじかにクリを触れるのです。

愛人

日記



勝手な話だけど

勝手な話ついでにいうと・・・

男の側は,最も愛する妻に対しては 母性を求めている,心のどこかで,,,

だから,セックスのとき 淫性を出してほしいと思いつつも もろに出されると戸惑ってしまう。

しかし本能的に淫性をどこかに求めたがる。

そこで,愛人にそれを求める。〈愛人って言葉には抵抗はあるけど・・・今はあえて使う〉
愛人には純粋に淫性を求めるから,愛人が淫性を表現すれば表現するほどうれしく燃えてしまう。

アダルト

あきなのご主人も そんな特性が強いらしい。だから あきなは家庭では清楚な妻を演じざるを得ない。油断して 淫性を出してしまったときには 理不尽な仕打ちが待っている。(これは趣味の世界で行われるSMではない。SMは相手の痛みをわかった上で相互理解に則って行われるセックスだと考えるが,また後ほど・・)
だから率直に 淫性を表現できずに欲求不満に陥る。そして,その反動は 私と会うときにぶつけられる。

でも 私自身 そういった立場がうれしく思っている。

しかし裏返すと私も妻にそのように対応しているのかもしれない。
しかし,あきなにも真剣に誠意をもって付き合おうとしている。
まったく懲りない奴だと 我ながらあきれる。

不倫:リラックスしたあきな

スカート

不倫ってやっぱりだめなことなんだろね。

ちょっと理屈っぽくなるけど話をすると・・・

西洋において モーゼの十戒にも「姦淫の禁止」とあるのは
紀元前から姦淫による風紀の乱れが問題になっていたということだろう。
つまり,悪いと思いながらもセックスに対しては大いなる興味を持っていたのだと思う。
それに対して日本でも同様に行われていたふしがある。
万葉集の歌やそれは日本の最初の恋愛小説である源氏物語の主人公があちこちの女性と関係していくことからも理解できるように,結構 セックスに対しては大らかだったようだ。

ガーター

それが,江戸時代に入って儒教や朱子学の影響で,いわゆる今の道徳の基礎ができたころから
本格的にセックスが隠されるべき文化となったのじゃないかとおもう。
「晴れ(ハレ)」と「袈(ケ)」の文化といわれるように,「太陽と月」にデフォルメされるように日本の文化って二元性がある。
この二元性はさらに延長して「夫婦のセックスと不倫のセックス」というところまで延長した考え方ができるのではないか。
(紙面の関係で 論理のかなりの飛躍はあると思うし,自己肯定に偏った理屈だという反省はあるが・・・)

まあ,結局 何が言いたいのかというと,社会を乱さないセックスは自由恋愛として自由にしてもよいのじゃないかということは歴史が示しているといえるのじゃないだろうか。それは結婚しているか否かに関わらずである。

・・・・なんて理屈は自分本位の勝手な理屈なんだろうね,,,,。


剃毛したあきな

 触る


ときどき あきなの毛を剃ることがある。

毛は皮膚の角質化したものであるらしい。
そういう意味で,毛を剃るという行為は 
ある意味 その人を傷つけていることにつながる。
人の毛を剃る行為は それ自体 相手の体を傷つけていることなのだ。
そのため,より慎重に行うべきだと思っている。

あきなは 自らすすんでそんな行為を私に求めた。
しかもある種の決意を込めた切羽詰った表情で迫ってきたのである。

私はその決意の深さを あきなに確認し,
正面からそれを受け止めねばならないと考えながら
その儀式を始めたのである。


画像


それから,
二人のそのときの決意を確かめ合うかのように
時々行う剃毛の儀式は行われる。

エッチ


あきなのフェラチオ

パンティ

時には そのまましゃがみこんで,私のペニスを口に含む。
であった当初は さほどというよりどちらかというと
あきなのフェラは 上手ではなかった。
しかし最近はすごく上手にフェラをする。

ペニスの先を唇で締め上げたり,
口全体で筒を上下に刺激したり,
筒の裏側や玉のあたりに舌を絡めて刺激する。
私が感じるのを喜んでいるようである。

私が溜まっているときなどは,これだけで逝きそうになる。
あわててあきなの口から抜くのであるが,そうした様子を
楽しんでいる気配がある。

私にだけ見せる淫乱な姿がうれしい。

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。